お問い合わせフォームからくる迷惑メール対策(ContactForm7利用時)

HPを所有してある程度の期間をすると、お問い合わせフォームを通じて迷惑メールが届くようになってしまい、面倒に感じるケースもでてくると思います。

大切な窓口であるお問い合わせフォームを消す事も出来ないし・・・

迷惑フォルダへの割り振りしても次から次へと新しいのがくる・・・

毎回迷惑メールを削除するのも面倒・・・

と日々のお困り事までになってきましたら、

Googleが提供する迷惑メール対策の「reCAPTCHA(リキャプチャ)」がとても有効です。

そんなお困りの方向けにGoogleのreCAPTCHA(リキャプチャ)で迷惑メール対策の設定方法を説明します。

まずGoogleアカウントがあれば利用できます

まず事前にGoogle reCAPTCHAを設定には、Googleアカウントが必要になりますので、

メインはYahoo!しか使ってないよ!といった方などは、まずGoogleのアカウント登録からはじめてください。
※Gmailをお使いの方は、すでにアカウントを持っています。

Googleアカウント登録:https://www.google.com/intl/ja/account/about

それでは下記のURLからGoogle reCAPTCHAを設定していきます。

Google reCAPTCHAhttps://www.google.com/recaptcha/about/

Google reCAPTCHAの設定画面

一見英語表記で難しそうですが、入力箇所は限られていますので、さほど難しくありません。

まず設定サイトのトップページの「v3 Admin Console」をクリックします。

 

運用しているホームページを登録します

管理画面から以下のようにホームページを登録していきます。

 

サイトキーとシークレットキーが発行されます

登録が完了するとサイトキー(Site key)シークレットキー(Secret key)が発行されます。

表示されたサイトキーとシークレットキーは、のちにWordPress側の設定で使用しますので、画面このままにしておくか、メモ帳などにコピーしておきます。

Google reCAPTCHA側の設定はここで完了です。

WordPress側で「お問い合わせ」ー「インテグレーション」へ

次に運用しているホームページ(WordPress)にログインして管理画面を開きます。

ダッシュボードの「お問い合わせ」の「インテグレーション」をクリックします。
※Contact Form7を利用されている例になります。

そうすると「他のサービスとのインテグレーション」の画面が表示されます。

その中で「reCAPTCHA」とある「インテグレーションのセットアップ」をクリックします。

サイトキーとシークレットキーを入力する画面が表示されます。

先ほど取得した「サイトキー」と「シークレットキー」をそれぞれ入力欄にコピペし、「変更を保存」をクリックします。

下記の画面になっていたら設定は完了です。

実際にreCAPTCHAが設定されているか確認

ホームページのお問い合わせフォームがあるページを開いて、右下あたりにreCAPTCHAの保護マークが表示されていれば無事に設定されている事が確認できます。


以上で、このように簡単な作業で対策可能な「Google reCAPTCHA」の設定方法でした。

丁寧に手入力で送ってくる営業メール(迷惑メール?)などは排除できませんが、

自動で送られてくるようなものや、海外であろうからの多くの迷惑メールを排除できると思います。

迷惑メールが増えてきてお困りの方はぜひ設定してみてください。

 

いつでも無料相談が可能 in 名古屋栄

当社が運営する名古屋栄のコワーキングスペースへご来社頂く形で随時HPに関する無料相談が可能です。
当社ではネット環境やパソコンはじめ、各種ご説明資料や制作実積を整えており、お客様の大切な時間を無駄にしないよう、迅速な対応を心がけております。
そのためご来店時にはHPに関するご不明点やご要望だけお持ちいただければ大丈夫です。まずは気軽にお問い合わせください。