スターサーバーでSSL通信が自動更新失敗した場合

SSLサーバー証明書とは、https~の「s」の部分、SSL通信(セキュリティ通信)の事になります。

スターサーバーの無料独自SSLを利用しておりますが、実は Let’s Encrypt 証明書発行という提供元からサービスを経由しております。

そのため90日毎に更新するようにとSSL提供元より決まっており、スターサーバー側でSSL提供元へ自動更新をかけるのですが、様々な理由で自動更新が失敗するケースが稀にあります。

その際にスターサーバーより自動更新が失敗したと下記のメールが届きます。

メール本文一部抜粋


すなわちスターサーバー側で1回目の自動更新がうまくできませんでした。

あと2回自動更新を試しますが確実に迅速な対応であれば、

ご自身で下記マニュアルを見ながらご自身で更新を押してください。

という意味合いになります。

スターサーバーマニュアル:https://www.star.ne.jp/manual/guide_ssl_free.php

もう少し詳しい手順はこちら↓↓↓

①ネットオウルへログインする

ネットオウル:https://secure.netowl.jp/netowl/

※ネットオウル登録時の「メールアドレス」と「パスワード」を準備ください。

②スターサーバー管理から「サーバー管理ツール」へログイン

③SSL設定をクリック

④該当のドメインを選択

⑤更新ボタンを押す

⑥それでも上手くいかない場合はスターサーバーサポートへ

設定に問題がないにもかかわらず設定追加に失敗する場合は、最大24時間お待ちいただいてから改めてお試しください。また、以上をお試しくださいましても設定追加に失敗する場合は、スターサーバーのサポートまでお問い合わせください。

●ユーザー専用サポート窓口:https://www.star.ne.jp/support/inquiry.php