「接続はプライベートではありません」の警告はSSL未設定サイトが原因

こんにちは!

本日もブログへお越しいただきありがとうございます!

 

 

突然ですが、スマホこんな表示がされてびっくりされた方はいますでしょうか?

接続はプライベートではありません

 

実は一昔前からある一定の条件で

スマートフォンやタブレットでこのようなサイトを開くと

表示されておりました。

 

 

・個人情報を多く含むようなサイト

・クレジットカード情報など個人情報を打ち込む画面(サイト)

 

 

このような重要な情報をやり取りする際に、インターネットで接続しますと、

通信中に悪意のある方がデータを盗むことができるわけです。

 

そのためこのようなサイトにはセキュリティを強化した通信が求められました。

それをSSL通信といいます。

 

 

一昔前までは企業や個人のサイトで、特に一方通行な情報開示のサイトであり、

個人情報を扱うサイトでなければ何も問題なく表示されていました。

 

あくまで通信のセキュリティですので、サイトと閲覧者との間の通信に対してです。

 

上記のような個人情報を求めるサイトに対して、

SSL通信が設定されてないと、

Googleさんが親切にも「接続はプライベートでありません」という

自動翻訳したかのような少し分かりにくい警告文を表示してくれてました。

 

Google検索を筆頭に2018年7月末から変わってしまった

しかし、2018年7月末を持って、

Googleさん(GoogleChrome 68 )の最新バージョンから

どのようなサイトにもSSL通信が設定されていないと表示するという発表がありました!

 

 

さらにしかし、7月末の最新バージョンから適応なわけですが、

全員が意図的にGoogleChromeを最新バージョンに上げる人も少なく、

ようやく今の段階(2018年8月末)に、ちらほらそんな状況かと見受けられます。

※そのままバージョンを上げなくとも勝手にアップデートが掛かり68になる時がきます。

 

今回の警告の一番の痛手はSSL非対応のサイト所有者

自分もサイト所有者の1人ですが、

ただの閲覧者として、顧客としてサイトを見る時に、

そんな警告がでたらびっくりしてウィンドウを閉じてしまいますよね。

 

 

そこが今回の致命的なところで、

Googleさんが閲覧者向けのありがたい警告メッセージのために、

ホームページを持っている人からすると、

サイト訪問の離脱が起きるの必定なわけです。

 

 

せっかく

中身のコンテンツを充実させても、

デザインも凝っても、

SEOも意識して上位に表示されてても、

 

Googleさんのありがたい警告メッセージのために、

検索者に開いた瞬間に閉じられるサイトになります。

 

SSL通信に知識のある方ならそれでも見てくれる

「まあこのサイトで個人情報やクレジットカード情報を打つわけでないから、

詳細を表示させてを押して、それでもサイトを表示させて中を見よっと」と、

そんなITリテラシーが高い方ばかりが検索して来てくれてるなら良いのですが、

実際は少ないのが現実かと思います。

 

そしてサイト所有者としては、機会損失も起きる可能性は潰しておかねばならず、

老若男女、どんなITリテラシーの方でも来てもらえるよう、

時代に合わせてサイトを管理し維持しておく事が責務かと思います。

 

サイト所有者の対策は3つ

今回の警告の対策として3つの対策が考えられます。

 

①自分でサーバーとサイトを所有している方は自分でSSL通信の設定する。

Googleで「SSL通信設定 方法」などで検索すれば親切なマニュアルサイトもたくさんあります。

 

②既存サイト制作者へ依頼してSSL通信へ設定の依頼をする

既存のサイト制作会社なら、有償にはなろうかと思いますが、いち早く確実に対応してくれるはずです。

 

③既存サイトやサーバーが古いため、サイトリニューアルがてらSSL通信を設定する

何かのきっかけがないとサイトはそのまま放置という起業個人の方も多いのではないでしょうか。

これをきっかけにただSSL通信するだけでなく、メニューの見直しや、最新のWordPressなどの技術で

リニューアルをして、よりよいサイトライフを満喫してはいかがでしょうか。

 

 

当社は2018年8月以降の制作は無償対応です

当社はWordPressによるホームページ制作のプランの中で、

2018年8月以降は無償でSSL通信の設定を付加する事にしました。

 

まずはご相談無料から承っておりますので、

気軽にご相談いただければと思います。

 

本日もブログを読んでいただきありがとうございました!